危険因子 脂質異常症

1.動脈硬化とのかかわり

●脂質異常症が動脈硬化性疾患をひきおこす
「脂質(血清脂質)」というのは血液に溶けているコレステロールや中性脂肪などの脂肪分のこと。これらが増えすぎると心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化性疾患をひきおこします。脂質の異常だと診断されるのは、
  1. 悪玉コレステロールが多すぎる場合
  2. 善玉コレステロールが少なすぎる場合
  3. 中性脂肪(トリグリセライド)が多すぎる場合
の三つです。

脂質異常症の診断基準
ご自分の血清脂質の検査値がこのいずれかだと脂質異常症です。
  • 悪玉コレステロール(LDLコレステロール)----------140mg/dl以上
  • 善玉コレステロール(HDLコレステロール)----------40mg/dl未満
  • 中性脂肪(トリグリセライド)----------------------150mg/dl以上
※空腹時採血

増えすぎた悪玉コレステロールは、動脈の血管の内側にこぶ(プラーク)を作って血流を悪くして、ある日突然、血液が詰まり、最悪の場合には血管を破裂させます。血管の状態を悪化させるのは、高血圧、タバコ、糖尿病、男性45歳以上または女性55歳以上、心臓病を起こした家族がいる、善玉コレステロールが少ない----この6つの条件(危険因子)にあてはまる数が多いほど、心筋梗塞などをおこす危険が高まります。

【危険因子の合併数と冠動脈疾患と脳梗塞発症の関係】
危険因子の合併数と冠動脈疾患と脳梗塞発症の関係

●悪玉コレステロールに基準を変更
以前は総コレステロール値を基準に診断していましたが、これからは動脈硬化性疾患により影響の大きい悪玉コレステロールの値を基準とします。病名も、善玉コレステロールは値が高い方がいいので「脂質異常症」に変更しました。ただし、診断名や薬が出るときには、これまで使ってきた「高脂血症」の名称も使います。
●どうして病気になってしまったの?
男女とも中年以降におこりやすくなります。遺伝が原因の人はごくわずかで、ほとんどは長年の食事内容などが原因ですから、日常の生活習慣(食生活、運動不足解消、禁煙、飲酒の制限、ストレス解消、睡眠時間の確保など)を改善すれば管理できる病気です。若い人たちの予防もたいせつです。

▲ページトップへ戻る