危険因子 糖尿病・耐糖能異常

●糖尿病って尿に糖が出る病気?
「インスリンというホルモンの働きが悪くなって、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が異常に高くなる病気」ですね。尿に糖がでない人もいますから、痛くもかゆくもないうちに病状が進んで、毛細血管が傷ついたり全身の細胞の働きが低下したりしておこる「合併症」が怖いのです。目(糖尿病性網膜症)、腎臓(糖尿病性腎症)、神経(糖尿病性神経障害)が糖尿病の三大合併症といわれ、動脈硬化も心配です。糖尿病予備軍である耐糖能異常の患者さんも動脈硬化のリスクが高いので治療します。
糖尿病の診断基準
糖尿病は2回にわけて検査し、診断します
  • 随時血糖値 200mg/dl以上 → 糖尿病の可能性あり
  • 空腹時血糖値 126mg/dl以上 → 糖尿病の可能性あり
  • 75g経口ブドウ糖負荷試験 200mg/dl以上 → 糖尿病の可能性あり
以上の検査を別の日にもう一度行い、再び該当したら糖尿病と診断します。
※日本糖尿病学会の診断基準
●心筋梗塞や狭心症になる率が2〜6倍、脳卒中が約2倍
心筋梗塞や狭心症になる率が2〜6倍、脳卒中が約2倍です。糖尿病があるだけで、心臓病をおこす危険が一番高い「高リスク群」。糖尿病は心臓病・脳梗塞・閉塞性動脈硬化症などの引きがねになります。動脈硬化をおこした血管を古いひび割れたホースだと想像してください。その古ホースの中を脂肪と糖でドロドロの血液が流れたら、やがてホースの内側にお粥(かゆ)のようにこびりつき、血栓を作ったりします。これを気づかずに放っておくと、心臓や脳や大動脈などで、血液の通り道が狭くなったところの血流が詰まったり、血管の傷ついたところが破裂したりするのです。

●早期発見・早期治療がたいせつ
いま、糖尿病が増えています。糖尿病あるいは糖尿病予備軍は6人に1人といわれ、糖尿病だけでも平成16年の男性の死因の10位、女性の死因の9位です。糖尿病は早期発見・早期治療がたいせつな病気です。日本人のほとんどは体質に加えて、生活習慣の影響で発症した2型糖尿病の患者さん。食事や運動に気をつければかなり改善できます。ただ、自分で気がつかないうちに合併症が始まっている場合もありますから、かかりつけ医と二人三脚で健康管理していきましょう。

▲ページトップへ戻る